筋トレを始めるならひとりでできる筋トレを考えることをオススメします。
たとえば、誰かに足を押さえてもらってやる腹筋よりひとりでもできる腹筋の方が続きますよ。
誰かの補助が無いとできない筋トレは、タイミングが合わないとできないから続けたくても続かないことが多いです。

誰の補助も必要としないひとりでやりたいときにやる筋トレ法をいくつか考えておきましょう。

 

一人で出来る筋トレ

腹筋を鍛える場合、私は足を固定するためにソファーに足を引っかけてやっています。
誰のチカラも必要としないから好きなときに腹筋できますよ。

工夫すればひとりでも筋トレできます。

 
マシンが無くても想像力を働かせればいろんな家具が筋トレに役立つことが分かるでしょう。
軽い家具だと動いてしまって危険なので、力を入れても動かない家具を筋トレの補助に選びましょうね。

慣れてくるとこういった家具なしでも筋トレできるようになりますがそれまでは無理しないで何でも利用します。
壁を使った逆立ちをするだけでも筋トレになりますよ。逆立ちを習慣にすると体幹が強くなって上半身や腕の筋肉が大きくなります。

 

筋トレの注意点

あまり筋肉がつくと太く見えるので、たくましく見えるのが気になるなら逆立ちはほどほどに。

上半身や腕にがっつり筋肉がついてたくましくなりたい人は毎日逆立ちすると良いですよ。
念のため壁の周りに物がある場合は片付けましょう。

こんな風にひとりで筋トレする習慣をつけると筋トレ

で悩まなくなりますよ。